脱毛と笑顔の黒酢生活

RSS
3月
10

わたしの顎ニキビ治療

わたしは、20代後半ですが、思春期の頃から、長年ニキビに悩まされてきました。洗顔や塗り薬を変えながら、お肌の清潔を保つ方法をいろいろと模索しながら、ニキビができては試行錯誤して治り、治ってはまた新たなのができたり…をくりかえしているのですが、一番厄介に感じているのが顎ニキビです。なので、思い切って、スキンクリニックへ行って治療をすることにしました。

しかし、顎ニキビがひどかったころのわたしは、小さい子どもを抱え授乳中、飲みぐすりやステロイド系の塗り薬には抵抗がありました。そんなとき、スキンクリニックのポスターで、ブルーライトを当ててニキビ菌を撃退する光線療法があることを知り、それができるかどうか診察で聞いてみると、OKをいただくことができました。

治療は、一回15分ほどです。ベッドに横になり、髪を束ね顔全体が出るようにし、目の保護にサングラスをかけて、仰向けで真上からブルーライトを浴びます。ほんのり温かい光に、気持ちもリラックスできます。15分間、逆に言うと何もできないので、ゆったり眠るか、楽しいことを考えてすごすよう心がけています。ストレスの軽減が、ニキビを減らしたり悪化させないようにするためにも、間接的に必要だと思っています。

わたしが行っているスキンクリニックでは、この治療が、保険適応でできるので、大変助かっています。フォトクリアなどという名前で治療をされているクリニックがほかにもたくさんあると思うので、気になる方は是非調べてみてください。

顎ニキビの治し方でお悩みの方

 3月 10th, 2016  
 w_admin  
 ニキビ  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です